ホーム お知らせ 会社概要 採用情報 サイトマップ お問い合わせ

お客様の声

障がい者雇用を考える昼食会

事業所見学会

えさか就活未来塾

高木家の日常

江坂つながりニュース
江坂つながりニュース
アクセス

江坂-起業家支援センター地図

大阪府吹田市江坂町1-16-10
メゾン江坂201

地下鉄御堂筋線
江坂駅1番出口から徒歩4分

地図表示

Facebookもチェック
リンク集
| RSS |
障がい者雇用を考える昼食会 : 第6回 障がい者雇用を考える夕食会 報告
投稿者: mtakagi 投稿日時: 2013-12-24 15:20:43 (2195 ヒット)

【日時】12月19日(木)18:30〜20:30
【テーマ】障がい者と共に働き共に成長できる喜びを感じて
【報告者】株式会社 新栄 廣川 豊美 氏


株式会社 新栄は手作りお弁当の宅配やお水の販売等を行っています。
はじめにビデオで、障がい者を持った社員が担当している仕事の紹介や、社内での取り組み等について紹介いただきました。

廣川さんは「どうすれば社員が毎日るんるんで出社し、仕事ができるのか」を常に考え、社員と接していると話されました。
また実際にお越しいただいた社員の方にもお話を伺い、どのような想いを持って仕事に取り組んでいるのかをお話しいただきました。

NPO法人 大阪精神障害者就労支援ネットワーク 久保川さんに乾杯の音頭を取っていただき、会食をしながらの意見交換が始まりました。

第6回昼食会


社員の方は「廣川さんはいつも元気でるんるんです。トレーナーとして仕事を教えてくれている。とても感謝している」と話されました。
新栄で働くと毎日が楽しく、1日があっという間に過ぎていくと話されました。

そんな新栄では、障がいがある人もない人も働きやすい工夫がたくさんされています。
障がいを持った社員からのアイデアで取り入れられたものもあり、障がいのある人も無い人も働きやすい職場となっています。

社員は徐々に責任のある仕事を任されるようになり、今では誰よりも厳しい目で品質チェックを行うことができるそうです。
任されることで責任感とやりがいを感じ、毎日るんるんで仕事に来ることができるそうです。

障がいのある社員を1人だけ雇用しても、その人は孤立してしまう。複数人雇用するからこそ、お互いが励ましあったり、相談したりできる。
複数人雇用することが難しければ、地域の企業でネットワークを形成し、社員同士で交流できる環境を整えることも大切であるというお話もありました。

実際に障がいを持った社員の方の意見を聞くことができ、障がい者雇用について改めて気づきを得ることができた時間となったようです。

【会場】江坂-起業家支援センター セミナールーム




第6回 障がい者雇用を考える昼食会


12月19日(木)18:30〜20:30

【報告者】株式会社 新栄 廣川 豊美氏
【テーマ】障がい者雇用 = 社会貢献ってホント!?
福家 孝
株式会社 新栄はミネラルウォーターの製造・販売や手作り弁当「ほのか箱」の配食サービスを行っており、障がい者雇用を積極的に進めている会社です。
障がい者社員を支えるキーパーソンの廣川さんは、新栄に入社するまで障がい者の方と仕事をする機会はありませんでした。
織田社長と出会い障がい者社員と働く中で廣川さん自身がたくさんのことを教えられたことを実感したそうです。
笑顔が素敵な廣川さんから元気の出るお話しを伺います。

タイムテーブル
18:30 開会 主催者あいさつ
18:35 報告者による発表
18:55 会食準備
19:00 会食・テーブル討論
20:20 アンケート記入
20:30 閉会

【会場】江坂-起業家支援センター セミナールーム
    (吹田市江坂町1-16-10 メゾン江坂1階)

【参加費】1,000円(お弁当・飲み物付き)
 ※お弁当準備の都合上、1月17日(火)お昼12:00までにお申し込みください。

【お申し込み方法】イベントは終了しました。

 ・案内チラシ


【お問い合わせ】株式会社江坂-起業家支援センター
 ・お問い合わせフォーム
 ・TEL 06-6190-9513
   


印刷用ページ このニュースを友達に送る

ご協力企業
株式会社江坂-起業家支援センター
〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-16-10 メゾン江坂201
TEL 06-6190-9513 / FAX 06-6190-9512

Copyright © 2013 Esaka Entrepreneur Support Center Co., Ltd. All rights reserved